コンビニやドラッグストアでも買える
手軽なむくみサプリ厳選4

DHC メリロート

DHC メリロートむくみ改善成分はメリロート(一日量200mg)。公式通販サイトの通常価格でも一日あたり32円、なんといってもコスパの良さが魅力です。

 

しかも頻繁にキャンペーンを行いもっと安くなることもあるので、できるだけお得に入手したい人におすすめ。

 

一方で副作用の観点からメリロートのサプリを購入する際にチェックしたいのが、メリロートの主成分のクマリンの配合量です。

 

クマリンの一日の推奨摂取量は4%の所、このサプリは5%と少し多め、体質によっては腹痛や下痢、ひどいと肝機能障害が起こることもあるため、症状が出たらすぐに服用を中止しましょう。

 

DHC γ-トコフェロール

DHCγトコフェロールむくみ改善成分はγ−トコフェロール(一日量140mg)。

 

天然の女性向けのビタミンEで利尿作用や血流促進作用があります。
天然の成分という安心感からタレントの叶美香さんも肌の透明感を維持するために愛飲しているのにはビックリ!

 

ちなみにγ−トコフェロールは特に大豆に多く含まれています。
一日の推奨摂取量(100mg)を食事でまかなおうとすると木綿豆腐なら9丁、納豆なら14パックも摂取しなければならず、ビタミンEを簡単に摂取したい人におすすめです。

 

一方でγ−トコフェロールも過剰摂取の影響で吐き気、下痢、肝機能障害などの可能性はあります。
もし体調が悪くなったら服用は中止して、病院の先生に診てもらってください。(肝臓がダメになるとかなりヤバいので…)

 

ファンケル メリロート キュットレスト

キュットレストむくみ改善成分はメリロート(一日量130mg)、ビタミンP(ヘスペリジン)、BCAA(アミノ酸)。

 

ヘスペリジンは柑橘類の果皮に含まれるポリフェノールで全身の血流をよくする作用があり、アミノ酸には筋肉の動きをスムーズにして水分代謝の効率を高める作用があり、これらの効果でむくみの改善につながります。

 

むくみに作用する成分の数が多い分、口コミでも他のサプリと比べて効果が出るまでの期間が早い人が多いのが目立ちます。
一方でメリロートの過剰摂取による副作用の危険性、さらに一日に8粒も飲まなければならないのが少し面倒であることと、通常価格で購入しても一日68円と他よりも少し高めであることがデメリットです。

 

DHC ムクノン

ムクノンむくみ改善成分は全身の血流を促進してくれる、コーンシルク抽出物やシシウド抽出物、そして水分代謝を促すビタミンB2やB6も含まれています。

 

サプリではなくドリンクタイプなので、サプリがちょっと苦手な人やダイエット中の女性にもおすすめ(砂糖不使用のため)ですが、一日1本200円とコスパがよくないのが最大のデメリットですね…。

これら4つの商品はコンビニやドラッグストアで、また公式通販サイトでも購入することができます。

 

一方で「ネット通販専用のむくみ対策サプリ」もいくつかあります。
上で紹介したものよりも値段が高いものが多いのですが、定期コースがあるサプリは毎回注文しなくても自動で届けてくれて、通常よりもお得な価格が設定されています。

 

中には返金保証制度が用意されているものもあるため、安心して使うのであれば最初からネット通販のみのサプリを選んだ方がいいですね。

 

成分の内容を見ても、ネット通販サプリの方がワンランク上質なものが多いといった特徴があります。
⇒ 安心&効果が高いむくみサプリ